社交ダンスサンバ入門 ナチュラルベーシックムーブメント

サンバベーシックステップ 【ナチュラルベーシックムーブメント】

どうも、ダンスインストラクターの稲田です。

前回はかなり複雑なサンバ独特の動きのメカニズムについてお話ししました。

社交ダンスサンバ入門 リズムバウンス

 

前回、サンバの動きの仕組みを説明しましたので、本日はそれを元に具体的なサンバのベーシックステップにその動きを取り入れて説明していきたいと思います。

今回使うステップは社交ダンスサンバの入門ステップ「ナチュラルベーシックムーズメント」です。

 

どんなSTEPなのか、早速動画を見ていきましょう!

 

動画では少し「バウンスアクション=膝の曲げ伸ばしの運動」が大人しめですが、慣れていったらもう少し、バウンスアクションを大きくしていった方がベターです。

 

さて、このステップの動き方のコツですが、まずはいつものように

互いのコモンセンターを合せます。※コモンセンターについては以前のコチラの記事で解説しています。

ルンバ ハンドツーハンドのコツとポイント

 

そして、正しいラテンホールドで互いにしっかりとしたホールドで組むこと、この2つが重要です。正しいラテンホールドはコチラの記事でお話ししています。

社交ダンスチャチャチャの基本足型ステップ クロスベーシック

 

コモンセンター正しいラテンホールド

この2点をまず抑えたら、いよいよサンバのナチュラルベーシックムーブメントのステップに入っていきます。

 

まず一歩目は男性は右足前進歩で女性は左足後退歩で行われますが、この時のポイントは互いに右股関節が前後に向かい合っているコモンセンターの状態で互いに一歩目がステップされる時、

 

男性は右足前進歩ですが、この時は当然、女性の右股関節の方向に右足が前進されますね、なぜなら互いに右股関節が向かい合っているからですね。

つまり社交ダンスは、男性が右足前進歩する時に、女性は左足後退の動作が行われるので、一見、男女とも右足前進する時は相手の左足の方に前進しているように見えますが、実は違います。

先ほどお話しした通り、右股関節同士が向かい合っているので、右足前進する時は相手の左足の方向きではなく、やや相手の脚と脚の間に右足が前進されます。

そうです、実は社交ダンスは互いに二本のレールの上をステップし合って踊っているように見えますが、実は4本のレールの上で踊られています。

つまり、こういう足の位置でステップが継続して行われ続けています。
※画像の男性の右足の前進歩が女性の左足の内側に前進されています。逆脚の左足前進歩の時も同じで、男性が左足前進する時は女性の右足のやや外側に前進します。

 

つまりどの種目も基本的にコモンセンターは必ずあるので、全てのステップは基本的にこのように前進⇔後退、をしてステップが行われていきます。

そして今回のサンバのステップ「ナチュラルベーシックムーブメント」を行う時は以上の点を踏まえて、膝の曲げ伸ばし運動を行いながら

 

前回お話しした、バウンスアクションの4/3⇒4/1⇒1(4/4)のビートバリューを意識して踊ります。

 

サンバの入門ステップ ナチュラルベーシックムーブメントまとめ

 

1:まずはコモンセンターとただしラテンホールドを確認

2:右足前進と左足前進歩の時、社交ダンスは4本のレールで踊られている

3:バウンスアクション=膝の曲げ伸ばし運動をしっかりと意識しながらビートバリューを取り入れてステップを行う。

この3点を取り入れてナチュラルベーシックをはじめとするサンバのステップにチャレンジしていくと、サンバがメキメキ上達していきます。

是非お試しあれ。

初心者にはわかり易く、経験者はメキメキと上達する、都内、横浜、千葉にある社交ダンス会場はコチラ