社交ダンスサンバ初心者基本、サンバウォークとサイドサンバウォーク

社交ダンスサンバの初心者基本《サンバウォークとサイドサンバウォーク》

前回は社交ダンスサンバ基本ステップ ナチュラルベーシックムーブメントについてお話ししましたが、かなりのボリュームで混乱したかもしれませんね。

社交ダンスサンバ入門 ナチュラルベーシックムーブメント

 

最初はチンプンカンプンでも『とりあえずやってみよう!』の精神で行くことが大切です※最初からできる人はいませんので(^_-)-☆

 

それに何度も積み重ねていけば自然にできるようになれますし、その内「なるほど、こういうか!」と発見が積み重なっていって上達するので、今はできなくても全く問題ありません。

 

 

サンバ含めた全ての種目もこの意識は同じですのでリラックスした気持ちで取組んでいってください。

 


さて本日のテーマはサンバで必須のステップ「サンバウォーク」についてです。

 

これを踊れないとサンバベーシックのステップが踊れなくなってしまうので必ず押さえておきたいステップです。

 

それでは今日も元気に参りましょう!

 

本日のレッスンスタート!

 

サイドサンバウォークとサンバウォーク

まずは「サイドサンバウォーク」について触れていきます。

 

「サイドサンバウォーク」とはこのようなステップです。

 

「ん?」という感じだと思います。

 

『ただ横にステップしているだけじゃないか?』と思ったかもしれません。

 

 

実際に「サンバウォーク」

 

 

「サイドサンバウォーク」を組合せて踊るとこんな感じです。

 

前進して進むのを正確には「サンバウォークin PP」といいます。

 

そして最初の動画のように”横へのステップ”するのが⇒サイドサンバウォーク」です。

 

 

つまり「サンバウォーク in  PP」は前進するサンバウォークのステップ。

 

横へステップするサンバウォークが「サイドサンバウォーク」

 

ということです。

 

 

 

2種類のサンバウォークのコツは、共に、二人の立つ位置=ポジションが重要になってきます。

 

 

サンバウォークサイドサンバウォークも《プロムナードポジション》という位置関係で踊られます。

 

プロムナードポジションとは…

『男子は体の左側を開き、女子は右側を開いて二人で”Vの字”に開くポジションの事』です。

 

 

 

そして次に下半身の股関節の位置はどうなっているのでしょう?

 

サンバウォークを踊るときにはPP(プロムナードポジションの略)の位置に立ってステップを踏んでいきますが、その時の二人の股関節の位置はこうなります。

 

男性の”右”股関節と女性の”左”股関節を意識しながら、プロムナードポジション開きます。

 

 

 

つまりサンバホイスクなどのステップから今回のサンバウォークに入る時が良い例なのですが、サンバホイスクをしている時はクローズドポジションでノーマルホールドなので、その時の男女は互いに⇩

右股関節同士が向かい合っている状態になっており、そこからPPに開いて→サンバウォークin PPのステップに入りますが、PPに開くときの男性は”右”股関節を軸にして左股関節を左回転させPPに開きます。

 

 

 

そして女性の方は”左”股関節を軸にして右の股関節を右回転させてPPに開きます※この時の注意点はPPに開いたとしても互いの”右”股関節同士があまり離れすぎないように意識すること」が重要です。

 

 

確かにPPに開けば二人の右股関節同士は離れたポジションになり、女子は左股関節の方が男性に向きている状態にはなるのですが、それでも右股関節同士の意識は持ちながら踊ってください※これは男性も同じです。

 

その意識のままで

 

「サイドサンバウォーク」も

 

「サンバウォーク in PP」も

 

行っていきます。

 

 

【ホイスクから⇒サンバウォーク】にステップを切り替える時の男性のリード

男性が女性に対して「ホイスクの次はサンバウォークだよ!」というリードする方法ですが、サンバの場合は基本的に【バウンスアクション】も加えてリードを女性に伝えます。

 

しかし現時点ではバウンスアクションが上手くできない人もいると思いますし、サンバウォークに入る前のPPに開くときのリードというのはバウンスアクションによるリード以外にも必要ですので、まずは別の方法からアプローチしていきましょう。

 

その別のアプローチとは何かというと、サンバホイスクのステップを行っている時の【ノーマルホールドでクローズドポジション】をしている時、

 

互いに向き合った状態でホイスクのステップを行っているますが、そこからPPに入る時には”あるリード”を加えて女子をPPに開かせることができるようになります。

 

 

つまり、ホイスクのステップ後に”あるリード動作”を加えてPPに開くことで途中で失敗せずにサンバウォークに繋げて踊り続けられるよになります。

 

 

「ではそれは何か?」というと、それは⇒『背骨を軸にした”捻(ね)じれ動作”』です。

 

捻じれ動作とは、簡単に言うと、こんな動作を指します。

 

 

男性は自分の体を捻じることによりPPに開くリードが女性に伝えることができ、PPに開かせることができます。

 

男性が行う身体の捻じり動作は簡単に言うと「上半身は右回転、下半身は左回転」させます。

 

但し、この時に注意点として上半身は振り回さずにホールドを保った状態のまま…というと曖昧ですが、具体的にいうと《両手の位置》を動かさずに上半身は右回転させて下半身は左回転させてPPに開いてサンバウォークのステップへと続けます。

 

つまりこの「捻じれ」とはどういうことか?というと、もしかしたら既にお気づきかもしれませんが、つまり、冒頭でお話しした。

 

サンバウォークから⇒サイドサンバウォークに繋げるには…

 

『男性がPPに開くときは自身の”右”股関節を軸にして左股関節を左回転させPPに開きます』

そして

『女性の方は”左”股関節を軸にして右の股関節を右回転させてPPに開きます』

 

という部分です、つまりそれは即ち今は話した『身体の捻じれ』ということです。

 

 

その身体の捻じり動作を➡自分の股関節を使いながら行う、ことでスムーズにサンバホイスクからサンバウォークに入ることができるようになる、という事です。

 

 

 

ちなみに次の、『サイドサンバウォーク』のポイントは男女共に、自分の体(胸)を相手の方向に”少し”向けたままで、男女とも各自の外側の足を横にステップします(※男性は左足、女性は右足)

 

この外側の足を横にステップする時は軸足(男性は右足、女性は左足)の横少し後ろにステップします。※要するに軸足の足半分後ろ位置

 

 

ちなみに、今日話した2種類のサンバウォーク(というよりもサンバウォークと名の付くステップは全て)はホイスクの時のようにハッキリとしたバウンスアクション※膝の「曲げ伸ばし運動」は行われません。

 

つまり”膝を真っ直ぐに”伸ばさず、伸ばしても7割がMAXの緩いバウンスアクション程度にとどめておくのがサンバウォークのポイントです。

 

 

まとめ

 

サイドサンバウォークはプロムナードポジションで踊る!

プロムナードポジションに開くときには男子右股関節を軸にして開く、女子は”左”股関節を軸にして右股関節を右回転させてPPに開く!※この動きが土台になってバウンスアクションを加えることでよりはっきりしたリードが行われる。

 

プラス「体の捻じり運動」を加えればさらに相手にリードがはっきり伝わるようになる。

 

サンバウォークもサイドサンバウォークもホイスクほどしっかりとしたバウンスアクションは行わない、あくまでも膝を最大でも約7割程度を限度にする。

 

以上の意識を心がけてサンバウォークに挑戦してみてくださいね!

 

初心者にはわかり易く、経験者はメキメキと上達する、都心でアクセス便利な当教室のレッスン会場はコチラ

 

講師経歴


インストラクター:稲田諭(いなださとる)

大学入学と同時に社交ダンスを始め、その後、毎日のように部室に入り浸りながら4年間の大学生活を過ごす。

 

その結果、4年間での卒業が危ぶまれるも、周りの温かい援助を受け偉大な先輩たちの遺物ともいえる過去問と過去卒業生達の卒論をゲットした後、それらを見本に、圧倒的に不足していた授業単位数の巻き返しを計るも、最後の難関である卒業論文に苦戦する。

 

しかし恩師である所属ゼミの担当教授の意外な一言「まぁ、いいか、これで」というありがたい一言により何とか最後の難関である卒論提出をクリアし見事、無事に4年間で大学卒業を果たし、親への面目を保つ。


だが、当時は就職氷河期の真っただ中で、同級生たちも思うように企業からの内定が貰えない中、それでも何とか某食品会社の内定を勝ち取るも、社交ダンスへの情熱を抑えきれず結局、卒業と同時にターンプロし、

 

渋谷の長井慎平ダンススタジオに8年間勤務、毎日ダンス漬けの生活を過ごしながら修行に励み、ダンスインストラクター業の技術とノウハウ、かつプロ競技ダンサーとして日々練習とダンスの修行に明け暮れ、その後、フリーランスとして独立。


現在はインストラクターとして活動し、稲田ダンス教室を運営している。

 

講師からのコメント:『社交ダンスは人間誰しも持っている身体の仕組みから生まれる自然な動き方、そしてダンスの正しい動き方を知れば老若男女誰でも踊れるようになる!』が持論。

最近の口癖は40歳に突入したことで、ようやく『最近の若者はっ!』と上から目線で言えるようになったと思い込むも結局、未だに言えない、業界歴20年のベテランインストラクター。

 

稲田 諭
所持級 JBDF東部連盟ラテン・アメリカン元B級
身長 176cm
誕生日 10月22日
血液型 O型
好きなもの 海鮮丼・ジンギスカン
嫌いなもの ドライフルーツ

 

上達の秘訣は身体のちょっとした使い方にあり!そのポイントをわかりやすくレッスン致します!

【経歴】

大学入学と同時に社交ダンス研究部に入部しダンスを始め、卒業後にターンプロ、2006年に東部総局プロラテンB級に昇級、17年間競技生活を経て引退、現在は首都圏を中心にダンスインストラクターとして活動中。

 

〜講師から一言〜

「音楽のリズムに合わせてダンスを楽しく踊りましょう!」


【成績】
・関東甲信越ダンス選手権ファイナル進出
・全東北ダンス選手権大会ファイナル進出
・アレックスムーアカップセミファイナル進出
・B級ラテン競技会セミファイナル
・前期C級ラテン競技会5位
・中期C級ラテン競技会2位

初心者にはわかり易く、経験者はメキメキと上達する、都心にある当教室のレッスン会場はコチラ