社交ダンスサンバ ボタフォゴの踊り方

社交ダンスサンバ ボタフォゴの踊り方

前回の続きです、前回はサイドサンバウォークのコツについてお話ししました。

社交ダンスサンバ初心者基本、サンバウォークとサイドサンバウォーク

本日も使用頻度の高いステップ『ボタフォゴ』について、踊り方のポイントについて話していきたいと思います。

 

それでは本日のレッスンスタートです!

 

ちなみにボタフォゴの正式名称は「クリスクロスボタフォゴ(Criss Cross Botafogos)※もしくはシャドーボタフォゴ」ともいいます。

 

それでは早速サンバのボタフォゴのステップを動画で確認してみましょう。

 

このクリスクロスボタフォゴのは難しいステップなのでポイントはいくつかあるのですが、踊っている最中に何個も気にしては踊れませんので、特に重要な部分に絞って今回はお話ししていきます。

 

その部分だけを守ればクリスクロスボタフォゴを攻略できると思います。

 

先ほどの動画を見てもわかるように、ボタフォゴは互いにポジションが「右⇔左」と変化するのが特徴です。


なので、まず最初の男女の位置が入れ替わる部分に着目していき、
男女の左右のポジションの入れ替わりをスムーズに行うために必要なポイントを押さえることでボタフォゴが踊り易くなります。

 

それでは早速、男女の組んでいる方のグリップに注目しながら説明していきます※組んでいる時の男性は左手、女性は右手です。


前提として、互いに片手で組んでいるグリップの位置が変わる事によって二人の位置が入れ替わる合図になるという部分がボタフォゴのステップの重要な部分です。

 

 

組んでいるグリップが上げり始めることで、男女位置の入れ替わりが始まり⇔グリップを下げることで入れ替わりが完了する。


という流れがこのステップの一番の根幹の部分です。

 

つまりスムーズな男女の左右のポジションの入れ替わりの鍵=グリップの高さを上げて⇔降ろすタイミングが重要だということです。

 

具体的には『a1 a2』の【“a1″】の時の”a”で➡互いに組んでいるグリップを女性の頭の高さ位まで上げる。

 

そして次の「”1”」で互いに1歩目のステップを行いながら男性のリードはグリップを女性のオヘソの位置まで降ろし、残りの「a2」でステップを続けながら男女の位置の入れ替わりを完了させる。

 

※ちなみにこの時の「1」の時のステップは男女共に前進歩なのですが、ただ前進するのではありません、あくまでも『交差して前進』します、そして残りのボタフォゴステップを踏む時も「1」の時のステップは必ず『交差して前進』してください、これを専門用語で『CBMPに前進する』という風に言ったりします。

 

そして次に「(1)a2」の”a”の時のステップは男女ともミニマルウエイトといってステップする足のボール”だけで”床を”掴む”ような感覚でステップします、そして次のカウント「2」で次歩のステップに繋げます。

 

 

ミニマルウェイトとはパートウェイトという中間バランスよりもさらに体重の”乗り”をセーブしたステップになります。

 

 

パートウェイトは中間バランスなので両足に乗っているバランスが「5:5」であるのに対し、ミニマルウェイトはステップした足に3~4割程度のみの重心が乗っているイメージです。※ということはこのステップする前の軸足にはまだ6~7割くらい重心が残っているという事。

 

 

ちなみに「パートウエイトってなんですか?」という場合は、コチラの記事を参考にしてください。

ルンバスライディングドアのポイントについて

 

サンバのボタフォゴのポイントまとめ

クリスクロスボタフォゴのポイントは男女の入れ替わりが重要です。

 

その入れ替わりをスムーズに行うためのコツをまずは押さえる必要があります。

 

その為のポイントが、組んでいるグリップの位置その位置に持ってくるタイミングです。

 


『グリップを女性の頭の位置に持ち上げるタイミングは⇒「a1」の時の【a】』

『女性のオヘソ辺りに下げる時のタイミングが「a1」の時の【”1”】』※この時に互いの前進歩は「交差して(CBMP)前進」

 

 

そして残りの「a2」の”a”でミニマルウェイトで横にステップし⇒次のカウント「”2”」で次歩のステップした足に重心をしっかり乗せる!

 


この一連の流れをボタフォゴを踊る際に、徐々に身体に覚え込ませながら行っていくのがボタフォゴ攻略の秘訣ですので、ぜひ取り入れてみてください。

 

 

初心者にはわかり易く、経験者はメキメキと上達する、都心でアクセス便利な当教室のレッスン会場はコチラ

 

講師経歴


インストラクター:稲田諭(いなださとる)

大学入学と同時に社交ダンスを始め、その後、毎日のように部室に入り浸りながら4年間の大学生活を過ごす。

 

その結果、4年間での卒業が危ぶまれるも、周りの温かい援助を受け偉大な先輩たちの遺物ともいえる過去問と過去卒業生達の卒論をゲットした後、それらを見本に、圧倒的に不足していた授業単位数の巻き返しを計るも、最後の難関である卒業論文に苦戦する。

 

しかし恩師である所属ゼミの担当教授の意外な一言「まぁ、いいか、これで」というありがたい一言により何とか最後の難関である卒論提出をクリアし見事、無事に4年間で大学卒業を果たし、親への面目を保つ。


だが、当時は就職氷河期の真っただ中で、同級生たちも思うように企業からの内定が貰えない中、それでも何とか某食品会社の内定を勝ち取るも、社交ダンスへの情熱を抑えきれず結局、卒業と同時にターンプロし、

 

渋谷の長井慎平ダンススタジオに8年間勤務、毎日ダンス漬けの生活を過ごしながら修行に励み、ダンスインストラクター業の技術とノウハウ、かつプロ競技ダンサーとして日々練習とダンスの修行に明け暮れ、その後、フリーランスとして独立。


現在はインストラクターとして活動し、稲田ダンス教室を運営している。

 

講師からのコメント:『社交ダンスは人間誰しも持っている身体の仕組みから生まれる自然な動き方、そしてダンスの正しい動き方を知れば老若男女誰でも踊れるようになる!』が持論。

最近の口癖は40歳に突入したことで、ようやく『最近の若者はっ!』と上から目線で言えるようになったと思い込むも結局、未だに言えない、業界歴20年のベテランインストラクター。

 

稲田 諭
所持級 JBDF東部連盟ラテン・アメリカン元B級
身長 176cm
誕生日 10月22日
血液型 O型
好きなもの 海鮮丼・ジンギスカン
嫌いなもの ドライフルーツ

 

上達の秘訣は身体のちょっとした使い方にあり!そのポイントをわかりやすくレッスン致します!

【経歴】

大学入学と同時に社交ダンス研究部に入部しダンスを始め、卒業後にターンプロ、2006年に東部総局プロラテンB級に昇級、17年間競技生活を経て引退、現在は首都圏を中心にダンスインストラクターとして活動中。

 

〜講師から一言〜

「音楽のリズムに合わせてダンスを楽しく踊りましょう!」


【成績】
・関東甲信越ダンス選手権ファイナル進出
・全東北ダンス選手権大会ファイナル進出
・アレックスムーアカップセミファイナル進出
・B級ラテン競技会セミファイナル
・前期C級ラテン競技会5位
・中期C級ラテン競技会2位

初心者にはわかり易く、経験者はメキメキと上達する、都心にある当教室のレッスン会場はコチラ