サンバ基本ステップ~ホイスクのコツ後編~ 

サンバ基本ステップ~ホイスクのコツ後編~

こんにちは、ダンスインストラクターの稲田です、前回はサンバの基本ステップ”

「ホイスク」の踊り方のコツ前編”について触れました。

前回の記事はコチラ

サンバステップ 〜ホイスクのコツ前編〜

 

本日はその後半、サンバのホイスクの踊り方をやったら、今度はそのホイスクを行った後に次のステップに移る際のやり方についてレクチャーしていきます。

 

ホイスクの後はほとんどがサンバウォークに移るパターンが多いと思いますので、今日はサンバホイスクからサンバウォークにつなげる時の切り返し方についてです。

 

ちなみにサンバウォークについてはコチラの記事が参考になります⤵

社交ダンスサンバ初心者基本、サンバウォークとサイドサンバウォーク

さてサンバホイスクからサンバウォークに移る際に、男女が互いに組んだ状態で前を向いて前進ウォークをしていくのがサンバウォークなのですが、ホイスクからサンバウォークに移る際が結構、というかかなり、難所です。

 

お互いに、ホイスクをやってからサンバウォークに移るんだ、とあらかじめ決めておけばこなせるかもしれませんが、それでも前を向いてサンバてウォークに移る際に、バランスが崩れやすいです。

 

どうせやるならスムーズに行えた方が良いに越したことはありません。

 

ステップからステップの移り変わりの切り替わりの部分が社交ダンスの難しい難所の1つなので、今回はサンバホイスクからサンバウォークの切り返しですが、今日お話しする部分は他のステップでも応用できる部分ですので、しっかり見ていってくださいね。

 

 

まずサンバホイスクは前回お話しした通り、whisk=ホウキやブラシで払う、という様を意味しているので、ステップする際にまずは床を払うような動作をしてから足を横にステップするということでしたね。

 

 

そしてそれを行いながら、男女が同じ方向に開いて(これを専門用語でプロムナードポジション:通称PP)サンバウォークという前進歩のステップを行いますが、今日はその次のステップに移る瞬間、つまりホイスクからサンバウォークに移る際のコツですが、

 

そもそもなぜ足を後ろに掛けてサンバウォークの前進動作に移れるのか?というとやっぱりそこにはホイスクをステップしている時とは違う動きが加わるから、男女がPPに開くわけですね。

 

 

車でハンドルを切らなければまっすぐ進み続けるし、”ハンドルを切る”という違う動作が加わるから左右にカーブができるのと同じ理屈で、じゃあサンバウォークに移る際にどういう動きが加わるのかと言うと、まずは男子なら左足、女子なら右足が後ろに掛けられるわけですが、先ほどの車のハンドルの話のようにじゃあどういう動きを加えたら足が後ろに掛けられるのでしょうか?

サンバのホイスクからサンバウォークへのリード

答えは『男子は右の股関節』『女子は左の股関節』を相手の骨盤に対して押す動作を加えた分だけ、男子の左足、女子なら右足が後退し足が交差しPPの状態に移れるようになります、後はPPに開いた状態でサンバウォークの前進歩を継続していきます。

サンバホイスクからサンバウォークへ移るポイントのまとめ

『男子は右股関節』『女子は左の股関節』を使って、相手の骨盤に押す動作を加えた分だけ、後ろに掛ける足が後退でき、PPに開いてサンバウォークのステップができる態勢に入る事です。

このポイントを必ず押さえる事がサンバホイスクとサンバウォークの連続技のステップを踊るポイントです。

 

初心者にはわかり易く、経験者はメキメキと上達する、都心でアクセス便利な当教室のレッスン会場はコチラ。

講師経歴


インストラクター名:稲田諭(いなださとる)

大学入学と同時に社交ダンス部に入部、ほぼ部室に入り浸りの生活と競技ダンスに明け暮れた大学時代を過ごす。

 

その結果、4年間での卒業が危うくなるも、友人たちの温かい援助と偉大な先輩たちの恩恵を受け過去問と卒論をゲットし、それらを大いに活用して圧倒的に不足していた卒業単位数を巻き返すも最後の難関である卒業論文に苦戦する。

 

しかし恩師で所属ゼミの担当教授の意外な一言「まぁ、いいか、これで」という救いの一言により最後の難関である卒論提出を見事乗り越え、無事4年で大学卒業を果たし、親への面目を保つ。

 

だが、当時は就職氷河期の真っただ中、同期たちも思うように企業からの内定が貰えない中、何とか某食品会社の内定を勝ち取るが、社交ダンスへの情熱を抑えきれず結局、卒業と同時にターンプロ。

 

ダンススタジオで8年間勤務、毎日ダンス漬けの生活を過ごしダンスの修行に励みながらダンスインストラクターとしての技術とノウハウを磨きプロ競技ダンサーとしての競技会と練習に明け暮れる。
その後、フリーランスとして独立。

現在はインストラクターとして活動し、稲田ダンス教室を運営している。

【講師からコメント】

『社交ダンスは人間誰しも持っている身体の仕組みから生まれる自然な動き方、そしてダンスの正しい動き方を知れば老若男女誰でも踊れるようになる!』が持論。

最近は40歳に突入したことで、ようやく『最近の若者はっ!』と上から目線で言えるようになったと思い込むも結局、未だに言えてないキャリア20年のベテランプロダンスインストラクター。

稲田 諭
所持級 JBDF東部連盟ラテン・アメリカン元B級
身長 176cm
誕生日 10月22日
出身地&血液型 北海道 O型
好きなもの 海鮮丼と味噌ラーメン
嫌いなもの ドライフルーツと奈良漬け・高野豆腐

 

上達の秘訣は身体のちょっとした使い方にあり!そのポイントをわかりやすくレッスン致します!

【経歴】

大学入学と同時に社交ダンス研究部に入部しダンスを始め、卒業後にターンプロ、2006年に東部総局プロラテンB級に昇級、17年間競技生活を経て引退、現在は首都圏を中心にダンスインストラクターとして活動中。

 

〜講師から一言〜

「音楽のリズムに合わせてダンスを楽しく踊りましょう!」


【成績】
・関東甲信越ダンス選手権ファイナル進出

・全東北ダンス選手権大会ファイナル進出
・アレックスムーアカップセミファイナル進出
・B級ラテン競技会セミファイナル
・前期C級ラテン競技会5位
・中期C級ラテン競技会2位

初心者にはわかり易く、経験者はメキメキと上達する、都心にある当教室のレッスン会場はコチラ