ルンバのファンの踊り方のコツ

ルンバのファンの踊り方のコツ

どうも、ダンスインストラクターの稲田です。

前回の記事ではチャチャチャの『ファン』というステップについてお話ししました。

 

社交ダンスチャチャチャの基本足型ステップ ”ファン”

それで今回は前回のポイント踏まえて、ルンバの『ファン』という基本ステップについてお話しします。

前回同様に前の記事と関連した内容になっているので、しっかりと呼んでいってほしいと思います。

 

上記の前回の記事は『チャチャチャのファン』というステップのポイントについてお話ししました。

 

 

今回は同じステップ名ですが、種目が異なる「ルンバ」のファンについてお話ししていきます。

ルンバのファンのステップ動画

 

 

それでこちらがチャチャチャのファンのステップ動画

 

両方とも似ていますが、足型の違いとしては単純にチャチャチャはカウントが”4&1”となるので、その時にシャッセが行われるだけで、ルンバはその”シャッセが無い”というだけの違いです。

 

前回のチャチャチャのファンのポイントがつかめれていれば、それほどルンバのファンは難しくありません。

 

前回のファンの2つのポイントを覚えているでしょうか?

 

『忘れてしまいました(;^ω^)』と言う場合は

 

冒頭の前回の記事を見ておいてくださいね。

 

2つのポイントをザッとまとめると

 

①互いのコモンセンターを合せる

 

②正しいラテンホールドで組む

 

そして今回はルンバの『ファン』ですので、前回の記事で同じステップ名である『ファン』でも種目がチャチャチャなので、ルンバとは重心の乗せ方が違います。

チャチャチャの重心移動についてはコチラの記事で解説しています。

チャチャチャとルンバの踊り方の違い

 

要するに軽く復習をすると、

ルンバをステップする時の重心の乗せ方は、軸足でステップする足を送りだした時に、ステップした足はフラットになりますが、(※フラットとは足裏全体が床に着地した状態の事でしたね)

この時、重心はまだ軸足にあり、ステップした足は一応はフラットになっていますが、重心はボールに集まっています、つまり、ヒールは床に触れている程度です。

そして改めて軸足で体重をステップした足に乗せて完全にフラットになります。

これがルンバをステップした時の重心移動のやり方です。

一方チャチャチャは、”一発で乗る”感覚でステップして重心移動を継続していきます。

 

という違いがありますので、その違いを、ファンでも行われます。

つまりポイントをまとめると

 

まとめ

①互いのコモンセンターを合せる

 

②正しいラテンホールドで組む

 

③チャチャチャとルンバの種目ごとの重心移動をキッチリと分けてステップする

ルンバの場合は【まずステップした足を着地させるが、軸足に重心が残っているから、実際はボールに重さが集中している⇒そして完全にステップした足に重心を移動してフラットになる】

チャチャチャの場合は【ステップした足に重心を一発でのせる感覚で踊る】

 

この3つのポイントを押さえながらルンバとチャチャチャのそれぞれの【ファン】のステップについて踊り方を分けて踊るのがコツですね。

 

初心者にはわかり易く、経験者はメキメキと上達する、都内、横浜、千葉にある社交ダンス会場はコチラ